メモ帳

某社会科教員です

雑記

科学と哲学の関係

須藤靖、伊勢田哲治『科学を語るとはどういうことか』(河出書房新社、2013)を斜め読みした。 内容としては、物理学者の須藤が、科学哲学者の伊勢田に、科学哲学はナンセンスな議論に終始しているのではないか、との疑念をぶつけ、伊勢田ががんばって応答す…

風立ちぬ

ブログを何度か始めたことはあるけれど、どうもうまく続かない。なぜだろうか。 GRITという概念を知って、1つのことをやり抜くことの大切さを改めて知ったのではあるが、頭ではわかっているけど続かない。 これまでも何か初めて継続させたことはほとんどない…