読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ帳

某社会科教員です

風立ちぬ

雑記

ブログを何度か始めたことはあるけれど、どうもうまく続かない。なぜだろうか。

GRITという概念を知って、1つのことをやり抜くことの大切さを改めて知ったのではあるが、頭ではわかっているけど続かない。

これまでも何か初めて継続させたことはほとんどない。これからも継続しそうなものと言えば、仕事くらいだろうか。辞めると生きていけなくなるので、こればかりは辞めらない。ただし、別におもしろい仕事があると思えば、これも変わるかもしれない。

今年はブログを継続すること、できる限りは毎日書くことを目標としたい。どんなくだらないことでも、とりあえず書いて、継続させたい。年末までに1つは続いたことがあれば、少しは自信になるはず。

年末には、これまで観ようと思っていて観ていなかった映画を観ながら、資料整理をしていたが、宮崎駿の作品は、『千と千尋の神隠し』以降、1つも観ていなかった。今回、『ハウルの動く城』と『風立ちぬ』を観たが、どちらも私にとってはすばらしく感じた。特に後者は、とても感動した。

戦時中に、戦闘機の制作に夢中になる主人公と、重い病気のせいで先が見えない婚約者との話。月並みな感想だが、限られた人生だから、夢中になれることを懸命にやんなきゃな、と思った。ここで描かれる恋愛は、横光利一の『春は馬車に乗って』を思い起こさせた。

ということで、今年はブログは継続させつつも、つまらん仕事はとことん手を抜いて、好きなことに時間をかける1年にしよう。