メモ帳

某社会科教員です

歴史は役に立つか

歴史を教えるときには、歴史を知ることの意義についても話す。私は、グローバル化の中で、自分を守るために知識を持つことが必要だ、とか、他者理解の道具であるとかいったことを強調する。そうすると、必然的に現代史が中心となる。現代史は、現在の利害とも密接に関係するがゆえに、教えることが難しい時代でもある。史料的には古代よりも圧倒的に大量にあるのに、歴史認識の問題は比較にならないほど深刻である。

小田中直樹歴史学ってなんだ?』(PHP研究所、2004)は、歴史認識の問題を含めて、歴史学が突き当たる問題について、平易に解説し、具体的な事例を通して、歴史学がどのような学問で、歴史学が社会の役に立つかを考える、という内容だ。結論として、歴史学は、史料批判を通じて、(コミュニケーショナルに)正しい認識にいたり、より正しい解釈をえることが、歴史学の基本的な営みであり、コミュニケーション改善のツールであったり、アクチュアルな問題意識に即した教訓になる歴史像を提示することで、人の日常に役立つ「コモン・センス(教養)」を提供する点に、歴史学の意義を見いだしている。単純な知識不足のために、個別に取り上げられる事例など、個々に勉強になった。

ただし、小田中が主張の根拠とする諸見解の取り扱いは、私には少し曖昧でわかりづらかった。たとえば、ソシュールによって史実の正しさに到達することはできない、というのはよくわからなかった。意味するものと意味されるものの関係が恣意的である、ということから、言葉を介する限り正しく解釈することは不可能だ、という主張に、どうやったらつながるのか。

こうした点はよくわからなかったが、小田中が最終的には、認識の正しさについて意見を交わし、議論をして、一致点を見いだせるかもしれないことに希望を見いだし、「コミュニケーショナルに正しい認識」は存在する、という主張をしているのは、理解できた。私の理解では、歴史家のコミュニティー内で、史料の読み方、正しさの基準は共有されるはずで(共有されなかったら同じ学問領野として成立していない)、そこで訓練を受けた歴史家たちがコミュニケーションを重ねることで「正しい認識」を提示し、それをもとにすることで、「より正しい解釈」に至ることができるはず、という主張だ。私の理解が正しければ、その限りで歴史学者による解釈は、素人の解釈よりも「権威」があり、政治問題で歴史認識が問題になった際に、依拠される「専門家の見解」となりうる。

こうした小田中の主張の背後には、歴史認識の問題について、真理性や客観性の重要性を否定する立場の存在がある。従軍慰安婦の問題が事例に挙げられているが、そこでは、国民の歴史は「物語」であるとか、史料の客観性は重要じゃなくて当事者の語りの「リアリティ」を重視すべき、という立場の論客が紹介されていた。オーラルヒストリーの重要性が全くない、ということはないし、小田中もそんなことは全く主張していない。ただ、史料批判の重要性を強調し、より正しい認識・解釈に至る努力を重視すべきだと述べており、ここは小田中の言うとおりだと思う。

哲学では、歴史の物語性について、野家啓一の研究があったはず。社会学では、集合的記憶といった概念がある(はず、たしか)。これらの研究を真剣に検討したことはないが、やはり客観性・真理性の問題を度外視して、こうした立場を主張すると、何でもありになってしまうのではないだろうか。

個人的には、この本の中で示された、20世紀の歴史の見方( 「連合国vs枢軸国」→「民主主義vsファシズム」→「民主主義vs全体主義ファシズム社会主義)」→「総力戦体制」 )や、安丸良夫による、日本で「倹約」「謙譲」が規範としての道徳になったからくりについての分析の紹介は、おもしろくて勉強になった。安丸は、これらが道徳となり、それ自体が目的・価値となるが、その結果として富や幸福がえられるために、成功者を道徳者と同一視し、成功していない人は道徳を身につけていないからだ、とする発想が生まれた、ということを述べているらしく、非常に興味深い。安丸の言葉か、小田中の言葉かがわからないが、「道徳のワナにかかって支配秩序を安定化させる」という表現は、おもしろい観点だと思った。

最後に、小田中が歴史を「科学」とし、通常科学とのアナロジーから歴史学を見つめようとする視点は興味をもった。科学であるということにどのような意義があり、なぜ科学であることを強調するのか。もちろん、客観性の問題等を踏まえてのことだとは思うが、史料批判を通じた「認識」だけでなく、そこからどう「解釈」するかも科学として見るべき、ということだろうか。その場合、「解釈」というのは、他の科学と比較して、どのような作業になるのだろうか。このあたりをさらにつっこんでくれればな、と個人的に思った。