読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ帳

某社会科教員です

責任をとる

将棋界では、三浦九段がスマホで不正を行っていた、という疑惑が持ち上がり、しばらく大変な騒ぎになっていた。最終的な調査結果としては、三浦九段が不正を行ったことを示す証拠は見つからず、しかも疑惑を指摘する根拠の1つだったはずの長時間の離席もなかったという、端から見ると信じられない結果も示された。

日本将棋連盟の谷川会長が辞任を発表したが、彼が辞任することで将棋連盟は責任をとることになるのだろうか。もちろん、一般論として、組織の中に問題が生じれば、まず責任を問われるのは組織のトップである。ただ、組織のトップは、自らの責任を辞任という形で取るよりは、批判を受けながら組織をただすことの方が、責任を取ることになるのではないだろうか。もちろん、ある権力に居座ることが、その人にとって多大な利益を生んでいる場合に、辞めずにいることは批判を生むだろうが、今回がそうしたケースに当たるように思えない。少なくとも、今回の件で確証も得られていないままに、私の感覚ではとてもひどい言葉をもって三浦九段を非難していた棋士もいたが、将棋連盟としてこうした反応に対しても厳しい態度をとることは、三浦九段、将棋連盟の信頼だけでなく、そうした軽率な棋士を結局のところは守ることになるのではないだろうか。私は、今回の騒動については、そうした厳しい対応というけりをつけるまでが、谷川会長の仕事だと思う。ただ、心労もひどいようで、気の毒ではあるけれど。

別の観点の話になるが、ある疑念が生じたら、そのバイアスですべてのことを判断してしまうのは、人の避けがたい傾向性だと思う。しかし、そのバイアスを自覚することで、こうした事態は避けなければならないだろう。ソフトの手と三浦九段の手の一致率が非常に高いという指摘を見て、そういうものかと思っていたが、もっと一致率が高い棋士もいるとのことで、これもいかに思い込みで判断しているかの一例だ。数字が出されると、そこで提示された解釈まで疑いなく正しいと思ってしまう傾向性が、今回の事態を大きくしてしまった一因だと思う。少なくとも、他の棋士との比較検討のもとに判断をするという当たり前のことが、きちんとなされずに判断が下されていったことは残念だし、教訓としなければならない。また、こうした思い込みの誤りに陥らないように、適度に疑い、適度に慎重な態度を涵養することはとても大切なことだと思った。

先日、最年少棋士が最年長棋士に勝利したというニュースが出て、二人とも味があり、ほっこりした。将棋界もこれからまた、新たな時代となると思う。私は将棋界と何一つ関係がないけれど、なんかいい感じになればいいな。