読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ帳

某社会科教員です

4月も終わる

4月も終わる。早い。これまでの年度よりは、少しは前向きに時間を使えているけれど、相変わらず学校が始まると時間がとれない。

世の中のニュースも、ミサイルのリスクが喧伝され、いやな事件も減らないし、いいニュースもあるんだろうけど記憶に残らない。

大学教員の定員削減の話を耳にした。2割削減とか、もっと削減とか。単なる可能性の話ではなく、現実的な話のようで、なかなかに落ち込む。自分は大学教員ではないけれど、大学で学んできた所属先が、その存続さえ危ういとなると、他人事で済ませられない。

大学教員を削減するというときに、理系と文系が平等に同じ割合で削減することはないと思う。理系の方が、世の中に役に立つと思われているし、少なくとも研究予算をたくさんとってこれるので、大学に対しても理系の方が役に立つわけだ。

文系は、なんとかその存在意義を示さなければならないところだけど、なかなか難しいのかもしれない。よく、文科系の学問分野がしっかりしているということは、その国の状況が豊かであることを示す、と聞いていたけれど、要するにこの国は余裕がないわけで、真っ先に切るべきはどうしても文科系になってしまう。

人気が集まるような、おもしろ話ができる人材を育てればよいのか。理系に役立つような創意工夫をすればよいのか。そんなことしなくても、きちんと自分たちの学問分野の内容を説明すれば、その重要性が理系の学問分野と同等だと理解されて、問題は片付くのか。

授業で、哲学について紹介すると、興味をもって積極的に受けてくれる子も少なくないが、半分くらいの子は、へりくつばかり言っていて存在意義のよくわからない学問分野だという感想を漏らす。これでは、私は少なくとも哲学系の学問分野に対して、負の貢献をしてしまっている。

学生たちと対話を続けて、また過去の哲学者たちの知恵としっかり向き合って、少しでも学生に魅力的な授業を行うことが、私のすべきささやかな貢献なのかと思う。ただ、一番望むのは、これさえ教えれば哲学の魅力が全部伝わるというガイドブックなんだけど、そんなこと考えている時点で、哲学とはほんとは縁が無い人間なのかな、とも思う。